興味をそそるネタ、ネタ、ネタ!大紹介

 In コイン情報
淡路明人の健康食材

[その1:DIET、でも食欲に負けそうな人、必見]

魔法のようなDIET法を求めて、サプリメントや運動に頼る方いますよね。でも、食事を少し調整し、自分のためになるものを食べることがDIETにつながること知ってますか。ここで紹介する食べ物や情報はそれ自体に効果があるわけではないですが、DIETに向けた健康生活に組み入れれば、自分コントロールができ、DIETに役立つはず。ぜひお試しあれ。

  • ほうれん草

ほうれん草は、血中レプチン濃度と関係が深いチラコイドの摂取源です。つまりレプチンは、体内の脂肪細胞によって作り出され、強力な満腹感を伝達し、交感神経を刺激しエネルギー消費増大をもたらして、肥満の抑制や体重増加の制御の役割を果たすホルモンです。食べることで、食欲と代謝の調節を行なってくれるDIETのかくれたマジック食物なのです。

  • アマニ

アマニは近年話題の栄養成分です。α-リノレン酸や食物せんいを豊富に含みます。
各国で、栄養的価値から大きく注目されています。この2つの成分がDIETにつながる大事な役目を果たしています。α-リノレン酸は、摂取すると体内であの青魚でなじみのEHAやDHAに変換され、アレルギーなどを予防する効果もあります。魚が苦手な方でメタボリックを気にされている方にピッタリです。

  • ロカボ

ローカーボ食ってご存知でしたか。「低炭水化物食」のことをいい、「糖質制限食」とも言われます。実はダイエットのために生まれたものではなく、治療の1つとして生まれた食事療法です。そこで新習慣として生まれたのが「ロカボ」。極端な糖質抜きではなく、おいしく楽しく適正糖質を取ることを推奨する、言葉です。1食で摂取する糖質量を20~40g位を推奨。

今の一般的な日本人の食生活では、1日に300gくらいの糖質を摂取しています。おにぎり2個と野菜ジュースだけで100gくらいになってしまうのです。どれを食べてもいい、でも工夫をしましょう。が「ロカボ」。ごはんは半膳、おかずはたっぷり!お肉・お魚はどんどん食べるべし!甘みは、低糖質甘味料を上手に活用!どうです、参考になりましたか?

④スキール

アイスランドのヨーグルトで、綴りはSKYR。水分量が少なく固形っぽい感じです。実はチーズなんです。気になる栄養価は、100gあたり、エネルギー:65kcal、脂肪:0.2g、炭水化物:4g、たんぱく質:11g。えっ、たんぱく質が11g!!参考までに他のヨーグルトは、カロリー:62kcal、脂質:3.6g、炭水化物:5.88g、たんぱく質:4.32g。特筆すべきはそのたんぱく質量です。残念なことに、スキールは日本ではまだ売ってないらしいです。健康ブーム来てますし、そろそろ来ると思うんですけどね。アイスランドでは国民食として食べられていて、低脂肪に低カロリー、そして高たんぱく質と体を鍛えてる人、そしてダイエッターに最高じゃないでしょうか。

[その2:仮想通貨ネタ、流行っているけど、怖い人必見]

銀行にお金を預けても、すずめの涙ほどの利息・・・。コレが、ほとんどの人のきっかけ。みんなが信頼性、法整備など、まだまだ、これからの部分は多いけど、仮想通貨の未来が期待されていることも事実です。

  • まず、勉強。

●勉強その1:世界的に普及

その理由は、海外送金時や決済にほとんど手数料がかからないこと。海外において中央銀行が発行する通貨への信用力が低い国では仮想通貨のメリットが大きくなることも。仮想通貨の匿名性を利用すれば、生活の安定につながる可能性も否定できないはず。

●勉強その2:どうして流行

それは、銀行にお金を預けるより、儲かるからです。儲かる話題の方が多いのが、余計に仮想通貨のイメージを悪くしている感もあります。仮想通貨は、儲かる→買う人が増える→価値が上がる→買う人が増える→価値が上がる→儲かるという流れ。コレを見ると、理屈は明解なんですけどね。

●勉強その3:使えるところが急増中

残念ながら、日本においては非常に少ないですが、欧米などでは使えるところが急増中です。アメリカでは2,000店以上のお店で使えたりする仮想通貨もあったりして、またATMや自動両替機も登場しています。日本においては、楽天が仮想通貨での決済に前向き。これに続いて、日本国内発の仮想通貨も実際に使えるお店を拡大中のようです。

●勉強その4:ちょっとしたリスクも

ネットという特性上、サイバー攻撃に対する不安もあります。円が破綻することは考えづらいが、インフレさらにハイパーインフレなど起こす可能性もありますね。また、需要と供給のバランスからが大きく変動することも多く、保有している仮想通貨が暴落するリスクもあります。高い匿名性から、犯罪利用も懸念されています。

●勉強その5:日本で買える仮想通貨は11種

まず銘柄。はじめるなら⑴ビットコイン(BTC)、決済スピードが速い⑵リップル(XRP)、近年話題の⑶ライトコイン(LTC)をはじめ、⑷イーサリアム(ETH)、⑸ビットコインキャッシュ(BCH)、⑹ネム(XEM)、マイクロソフトがパートナーシップを組んでいる⑺リスク(LSK)、⑻ファクトム(FCT)、⑼イーサリアムクラシック(ETC)、⑽モナコイン(MONA)、最後が最新の仮想通貨cOban(こばん)」です。選ぶ場合は、ピンとくる特長を、例えば取引量が多い仮想通貨とか、時価総額の高いとか、決済スピードが早いとか、です。

  • 次に、実行。

●実行その1:どこで買う

口座開設→入手、この2つの手順です。まずお財布(ウォレット)を開設することから始めます。わかりやすくいうと、銀行の口座開設のような感じ。この口座開設後、入手する方法は以下の3つです。●実行その2:日本円に換えるには

値動きの激しい仮想通貨ですが、初期の頃に購入した人であれば利益が出ている人もいます。ネット上では、利益が出ているのに日本円に換える方法がわからなくて困っている人も。日本円に換える1つ目の方法は、仮想通貨の取引所を介して換金する方法です。取引所での換金は、時間や場所に関係なく換金できる便利な方法ですが、どの仮想通貨も換金できるわけではありませんので注意が必要です。2つ目は、日本国内にもいくつか設置されているビットコイン(BTC)のATMを利用する方法。3つ目の換金方法は、プリペイドカードを利用する方法です。仮想通貨を日本円に換金する方法は、決して難しいものではありません。基本的には仮想通貨の取引所での換金が、手間のかからない方法であると考えられます。

●実行その3:こんな準備も

一時的に取引所で換金ができなくなったときに備えて、いくつか換金の方法を知っておくことは大切です。いざという時のスムーズな換金のために、事前に仮想通貨の換金手順を把握しておくと安心です。

●実行その3:そもそもなんで仮想通貨が必要?

たとえば、海外から出稼ぎに来ている方が本国に送金をするときに、仮に日本の銀行の店舗に行って国際送金しようとすると、書類を書くのも大変ですし、手数料も数千円かかったりします。しかし、仮想通貨ですとせいぜい数十円ですみます。非常に簡単ですし、安い。そういう利便性利得性が非常に優れたお金です。

Recent Posts

Leave a Comment

Contact Us

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Not readable? Change text. captcha txt