仮想通貨よくある辞典

 In コイン情報
仮想通貨

目次

●どうして仮想通貨が流行っている?
仮想通貨ってどうやって使うの?
仮想通貨の優位な点
仮想通貨この点が?
仮想通貨は安全?
仮想通貨の換金方法は?

どうして仮想通貨が流行っている?

それは、銀行にお金を預けるより、儲かるからです。発行枚数の上限が決まっているために、需要と供給のバランスで価値が急激に上昇しているのがその理由です。

儲かる→買う人が増える→価値が上がる→買う人が増える→価値が上がる→儲かるという流れ。しかし、実際に仮想通貨が使える話題よりも、儲かる話題の方が多いのが、余計に仮想通貨のイメージを悪くしている感もあります。

仮想通貨ってどうやって使うの?

日本においては非常に少ないですが、欧米などでは使えるところが急増中です。アメリカでは2,000店以上のお店で使えたりする仮想通貨もあったりして、またATMや自動両替機も登場しています。

日本においては、楽天が仮想通貨での決済に前向き。これに続いて、日本国内発の仮想通貨も実際に使えるお店を拡大中のようです。

仮想通貨の優位な点

仮想通貨が世界的に普及している第一の理由は、海外送金時や決済にほとんど手数料がかからないこと。

それ以外にも、日本に住み、世界的に信用力が非常に高い(円)を使う私たちにはピンとこないことかも知れないが、海外において中央銀行が発行する通貨への信用力が低い国では仮想通貨のメリットが大きくなることも。

例を言えば、2013年、ギリシャの金融危機でキプロス共和国が財政難に陥ったときに、キプロス政府が国民の預金の一部を取り上げようとしたため、自国通貨よりも信頼性があり、国家権力の及ばない仮想通貨市場へ資産を移した人もいたらしい。

また、アメリカでは、不法移民は銀行口座を作ることができず給与を受け取ることが出来ないため、仮想通貨の匿名性を利用すれば、生活の安定につながる可能性もあると信じた人もいました。銀行にお金を預けても、すずめの涙ほどの利息・・・。信頼性、法整備など、まだまだ、これからの部分は多いが管理人は仮想通貨の未来は非常に明るいと見ています。

仮想通貨、この点が?

ま、デメリットもあります。日本ではごく少数の利用である点です。楽天やGMOなどでも利用できるようにはなってきているが、利用出来るシーンが限られています。

また、需要と供給のバランスからが大きく変動することも多く、保有している仮想通貨が暴落するリスクもあります。高い匿名性から、犯罪利用も懸念されています。ネット上という特性上、サイバー攻撃に対する不安もあります。円が破綻することは考えづらいが、インフレさらにハイパーインフレなど起こす可能性は大です。

仮想通貨は安全?

安全・安心か?の前に仮想通貨を簡単に解説することから始めてみます。まず市場の動きから。仮想通貨を支える基幹技術として広く知られているブロックチェーン革命の波が、その先端です。

世界中のコンピューターを使って記録したデータを、鎖(チェーン)のようにつながっていて、記録を書き換えようとすれば「鎖」をつなぎ合わせるようにして過去のデータをさかのぼる必要があるため、改ざんはほぼ不可能とされています。その革命はまさに今始まっていて、50業種での変革の動きがあります。その中でも、

筆頭は、銀行。次が、対話アプリ。ドイツの対話アプリ「テレグラム」は、ブロックチェーン基盤「テレグラム・オープン・ネットワーク(TON)」の開発を進めています。

そして、3番手はヘッジファンド。世界各地のアナリストに暗号化されたデータセットを送り、予測モデルを構築してもらうシステムです。その他、投票、インターネットのID・ドメイン名システム(DNS)、重要インフラのセキュリティー、配車アプリ等のライドシェア、ネット広告、暗号取引所、そして教育・学問業界まで及んでいます。例えば、ソニー・グローバル・エデュケーションは

米IBMと提携し、ブロックチェーンを使って生徒の記録を保護・共有する新しい教育プラットフォームを開発しているほどです。

次に、日本で買える仮想通貨の銘柄11種類を解説します。

仮想通貨には、さまざまな種類があります。仮想通貨取引を行う場合は、通貨の種類やそれぞれの特徴について理解しておくことも大切です。2019年11月にステラルーメン(XRM)がCoincheckにて上場し、取扱通貨数が11種類となったことは新しいニュースです。仮想通貨は、ビットコイン(BTC)とアルトコインに大別されます。

1番目は、ビットコイン(BTC)。仮想通貨の元祖と言われています。そしてアルトコインは、ビットコイン(BTC)以外の仮想通貨のことです。「代替」という意味があり、2018年時点で世界に2000種類以上あるのが、アルトコインです。アルトコインの数が多いのはなぜなのでしょうか?

ICO(イニシャルコインオファリング:資金調達したい企業が、独自の仮想通貨を発行して投資家に販売し、資金調達を行うこと)が活発化したことが、理由の1つとしてあげられます。各企業が独自仕様の仮想通貨を発行したため、アルトコインの種類が増加したようです。

さて銘柄を順にご紹介します。⑴ビットコイン(BTC)仮想通貨を理解するにあたっては、まずはビットコイン(BTC)について知っておくと良いでしょう。⑵リップル(XRP)時価総額も大きく、代表的なアルトコインとして知られています。決済スピードが速いことも特徴です。⑶ライトコイン(LTC)ビットコイン(BTC)が暴落したときに唯一価格が高騰して、代替通貨であるアルトコインとしての存在感を示したこともありました。⑷イーサリアム(ETH)仮想通貨の名称ではなく、プロジェクトの名称です。正式な通貨名称はイーサですが、通貨システム名称としてもイーサリア(ETH)という言葉が一般的にも使われています。⑸ビットコインキャッシュ(BCH)2017年8月に登場、特徴は、取引データを格納する各ブロックのサイズがビットコイン(BTC)よりも大きいことです。⑹ネム(XEM)プロジェクトの名称であり、仮想通貨の正式名称はゼム(XEM)といいます。ただし、仮想通貨名称としてネム(XEM)という言葉を使っていることも多いようです。⑺リスク(LSK)マイクロソフトがパートナーシップを組んでいることでも注目されました。⑻ファクトム(FCT)仮想通貨システムのプラットフォーム名称で、通貨はFactoid(ファクトイド)、通貨略称はFCTになります。⑼イーサリアムクラシック(ETC)特徴はイーサリアム(ETH)と大きな違いがなく、ほとんど同じ仕様でセキュリティレベルが上がっただけなようです。⑽モナコイン(MONA)2013年12月開発、翌年初頭から流通、日本で初めて作られた仮想通貨です。最後が最新の仮想通貨cOban(こばん)」です。現在、登録者サービスキャンペーン中なようです。

種類が異なれば特徴も大きく変わってきます。取引対象の通貨を選ぶ場合は、それぞれの特徴を踏まえて選ぶのも良いでしょう。他にも、例えば取引量が多い仮想通貨を選ぶことも1つの選択方法になりますし、時価総額の高い仮想通貨を選ぶというのも1つのやり方です。しかし、スマートコントラクト機能の有無や決済スピードの違いなど、仮想通貨の特徴についても注目することでも、取引の選択肢は広がってきいきます。円が破綻することは考えづらいが、インフレさらにハイパーインフレなど起こす可能性は大です。

仮想通貨はどこで買えばいいの?

まずお財布(ウォレット)を開設することから始めます。わかりやすくいうと、銀行の口座開設のような感じ。この口座開設後、入手する方法は以下の3つです。

①知り合いからもらう
②取引所(ゲートウェイ)で購入する
③採掘する

仮想通貨の換金方法は ?

仮想通貨を日本円に換えるには?の答えは、以下です。

値動きの激しい仮想通貨ですが、初期の頃に購入した人であれば利益が出ている人もいることでしょう。

中には、利益が出ているのに日本円に換える方法がわからなくて困っている人もいるのではないでしょうか。

1つ目の方法は、仮想通貨の取引所を介して換金する方法です。取引所での換金は、時間や場所に関係なく換金できる便利な方法ですが、どの仮想通貨も換金できるわけではありませんので注意が必要です。

2つ目は、日本国内にもいくつか設置されているビットコイン(BTC)のATMを利用する方法です。

3つ目の換金方法は、プリペイドカードを利用する方法です。仮想通貨を日本円に換金する方法は、決して難しいものではありません。基本的には仮想通貨の取引所での換金が、手間のかからない方法であると考えられます。ですが、一時的に取引所で換金ができなくなったときに備えて、いくつか換金の方法を知っておくことは大切です。いざという時のスムーズな換金のために、事前に仮想通貨の換金手順を把握しておくと安心です。

そもそもなんで仮想通貨が必要?たとえば、海外から出稼ぎに来ている方が本国に送金をするときに、仮に日本の銀行の店舗に行って国際送金しようとすると、書類を書くのも大変ですし、手数料も数千円かかったりします。しかし、仮想通貨ですとせいぜい数十円ですみます。非常に簡単ですし、安い。そういう利便性利得性が非常に優れたお金です。

Recent Posts

Leave a Comment

Contact Us

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Not readable? Change text. captcha txt
48ホールディングスは、真摯に